bookwalker

スポンサーリンク
永井路子

日本三大悪女の一人と言われるには気の毒なくらいに不幸が多く真の姿は普通の娘であり普通の母だったんじゃないかと思えた「北条政子」

こんにちは。 またまた、久しぶりの投稿となりました。 年度末ということで、駆け込み寺のごとく、めちゃくちゃ仕事がぶっこまれまして、断ればいいのですが「他に頼るところがないのでなんとかなりませんか」と言われてしまうと断ることが難しく、「...
伊東潤

大藩として維新に尽力したにも関わらず新政府設立時に冷遇された加賀藩の藩士 千田文次郎と島田一郎の人生を決定づけたのはこれだった「西郷の首」

こんにちは。 またまた、久しぶりの投稿になりました。 本業のほうが忙しくてどうにもなりません。 仕事を分散するべく採用をおこなっておりますが、採用してもすぐにあれこれ任せられるわけではないので、まだしばらくはこの状態が続くと思います。...
伊東潤

祿壽應穏(ろくじゅおうおん)を掲げ関東に静謐をもたらすべし。執筆中に急逝した著者火坂雅志先生の遺志を継いで伊東潤先生が完成させた傑作「北条五代」

こんにちは。 かなり久しぶりの投稿になりました。 本業のほうが忙しく、なかなか趣味の読書に割く時間がありません。 コロナがやや落ち着き、仕事もリモートから出社主体になったので、帰宅時の電車内で読書をしようと思っていましたが、本業のほう...
伊東潤

暗然たる都を見限り東国に活路を拓く、後北条の始祖で歴史に名を成す風雲児の代名詞 北条早雲が大志を抱き「黎明に起つ」

こんにちは。 いよいよ非常事態宣言が解除になりまして、まんえん防止法も発令されない状態になりました。 時間制限はあるものの、飲食店でのお酒の提供も行われるようになったようでよかった。 とはいえ、まだまだ以前のようにとはいかないと思いま...
鈴木英治

海道一の弓取りということでたいそう武者ぶりが凄いのかと思ったらお坊さんを経験してていい人すぎて桶狭間のアレかと納得しちゃった「義元、遼たり」

こんにちは。 コロナのワクチン接種2回目から三週間が経ちました。 ファイザー製のワクチンですので、一旦はよしとされる期間が経過したということで、少しホッとしている管理人です。 一回目も二回目も発熱なく、副反応は注射箇所の若干の痛みくら...
秋山香乃

桶狭間で信長に討たれた父義元亡き後の今川家存続に奔走した戦国一の愚将と呼ばれた彼は果たして本当に愚将だったのか「氏真、寂たり」

こんにちは。 9月に入り、急に涼しくなりまして、日によっては寒いくらいの気温になっています。 オリンピックもパラリンピックも終わりまして、管理人の好きなサッカーも、Jリーグが再開し、代表もW杯の最終予選が始まって、名実ともに東京オリン...
童門冬二

父家康の威光で征夷大将軍になれただけの凡庸な二代目かと思っていたら実は思いのほか優秀な気がしたのでもっと評価してあげようという気持ちになった「小説 徳川秀忠」

こんにちは。 賛否両論あったオリンピックが終わりまして、パラリンピックが始まっています。 なんだかんだで、始まってからは個人的にはとても楽しませてもらっています。 あんなに盛り上がるイベントが、コロナによる外出自粛や無観客での実施にな...
司馬遼太郎

想像すると吐き気がするくらい隊律が厳しすぎてやっぱり好きになれないんだけれども読み始めると何故か夢中になってしまう「新選組血風録」

こんにちは。 オリンピックが開幕しました。なんだかんだで始まってしまったら、毎日、日本選手の応援で大変です。メダルもたくさん獲れていて、日本の選手たち、本当にすごいなぁと感心しきりです。残念ながらメダルに届かなかった選手たちもよく頑...
蓑輪諒

徳川家康も認めた武将 御宿勘兵衛と曲者(くせもの)達との関わりを辿る作品かと思ったらその関わりのクライマックスでの昇華のさせ方が凄すぎて泣いた「くせものの譜」

こんにちは。 前回の投稿で「緊急事態宣言が解除になりました」と言ったと思ったんですが、もう、次(4度目)の緊急事態宣言が発動してました。 オリンピックは緊急事態宣言下で実施するということのようです。 そのオリンピックが間もなく開幕で...
近衛龍春

戦国の戦乱と自然の脅威に屈しない!東北の小国相馬を守るために奔走した英雄相馬義胤と復興に向けた領民の強さに心を打たれずにはいられない「奥州戦国に相馬奔る」

こんにちは。 一か月ぶりくらいの投稿になりました。 延長に延長を重ねた緊急事態宣言が、オリンピック開催事情に合わせたと言われている解除をしました。 飲食店のアルコール提供が19時まで許可されたとのことなのですが、19時かぁ…。 とはい...
スポンサーリンク