悲しき伊賀忍者 無明綱太郎が、くノ一忍者達に寝技を使わせて赤穂浪士の吉良上野介暗殺を阻止しようという「忍法忠臣蔵」

山田風太郎

山田風太郎の忍法帖シリーズの一つ。

忠臣蔵で赤穂浪士が吉良邸に討ち入りする前までを、忍者を交えてスピンオフというかアナザーストーリーとうか、そういうノリで描いた作品。

忍法帖シリーズでは珍しく主人公の無明綱太郎(むみょうつなたろう)があんまりよい人ではありません。まあ、あんなことがあれば、そりゃ、いろいろ嫌にもなります。悲しき過去を背負って任務に徹する非情な忍者になります。

この話、敵対関係というか相関関係が少しややこしくて、立場的に味方同士のはずの人が、それぞれに忍者を雇い、一方は赤穂浪士の殺害を、一方は赤穂浪士を殺害しない形での吉良上野介殺害阻止を狙う構図になります。

で、殺害を狙うのは能登(のと)の忍者で、上杉が使っていたとか。能登っていうと、今の石川県のあたりですから地理的には合うんですが、上杉が使っていたという軒猿(のきざる)の出自に関係するんでしょうか。ご存知のかた、教えていただけると嬉しいです。

一方の赤穂浪士を寝技で骨抜きにして吉良邸討ち入りを阻止するのもこれまた能登忍者なんですが、こちらは寝技使いますから、全員くノ一です。

その忍者軍団が赤穂浪士を巡って、争いを繰り広げるわけです。無明綱太郎はその監視役です。なので、う〜ん、改めて考えるとやはり微妙な主人公。まあそういうことなんです。

で、さすがに史実を曲げるわけにはいかないので、最終的には史実の通りになると思いながら読み進めるんですが、まあ、赤穂浪士もいい具合に骨抜きにされていきます。男ってダメだなぁ(笑)。

頑張って我慢していた赤穂浪士も、最後は負けてしまうので「え、これ討ち入りできなくならない!?」って思うんですが、まあ、そこはあれです、史実に沿う形にはなります。

というわけで、史実を知っているので、そこはその前提で読むとして、そこまでの過程を「あったかもね(まあないけどw)」と割り切って読む作品なんですが、よく考えたら山田風太郎作品は全部それですから、改めていう必要はないですね。

くノ一が出ますので、エロ度高めですが、そんなにグロ感ないので、まだよいほうかなと思います。

忠臣蔵好きが読むと怒りそうなので、忠臣蔵をあんまり知らない人が読むと良いと思います(笑)。

歴史には浪漫がある。

ノンフィクション度
1.5
奇想天外度
4
サムライ度
3
忍者度
4
エロ度
3.5
管理人満足度
3
にほんブログ村 歴史ブログへ