その気がないのに徳川の世継ぎ争いに巻き込まれた主人公を気の毒だと思っていたら、実はやればできる子だった「江戸忍法帖」

山田風太郎

山田風太郎の忍法帖シリーズの一つ。

若干ネタバレになりますが、甲賀忍法帖に続くシリーズの二作目にして、早くも主人公が忍者でないパターン。
管理人はそれを知らずに読み始めて、いつ主人公が凄腕忍者って言うんだろうと思って読み進めて、さすがに最後「これはサムライのままでいくんか」と気づいた時にはもう終わりそうでそのまま終わりました。

 時は徳川五代将軍 徳川綱吉の時代です。綱吉は、生類憐みの令をやった人ですね。
その綱吉の跡継ぎ問題を出来レースで終わりにしようと思っていたら、前の四代将軍 家綱に隠し子がいるらしいことがわかり、そうなると出来レースがそうでなくなるので、その隠し子らしい者を暗殺してしまいなさい、ということで、配下の忍者に指示して主人公が忍者に狙われまくるというお話。
主人公は「俺、そもそも何もしらないし、そんな気全然ないので放っておいてほしス」とするんだけど、そんなことで忍者達が手を緩めるわけはないので狙われてしまうし、主人公と仲良くしていたことで、とばっちりを受けて周りの人達も大変な目にあってしまいます。

で、その主人公が葵悠太朗。
忍者感はないんだけども、なんかやりそう感はあるんですよ。
んで、どうやら剣は使えるっぽいのでサムライ感はある。
ちょいちょいすごい感じを出すので「これはもしや凄腕忍者だったりするのか!?」などと期待して見てたら最後までサムライだった(と思うんですがそうですよね?)。

葵悠太朗は、ずっと、その世継ぎ争いに関わることを拒むんだけども、ある事件をきっかけに立ち上がるんですわ。
そのあたりは、なんというか、ヒーロー感満点でかっこいい。

全般的にはエログロ低めで、正統派の内容なんだけれども、いかんせん、主人公が忍者でないのがねぇ…。結構忍者的な動きも見せるので、そんなダメじゃないんだけども…。
あ、敵の忍者達は、期待通りに奇想天外な忍法は出してきますので、そこはご安心を。

史実絡みは少な目で、サムライvs忍者軍団という構図ではありますが、読みやすい作品ではあると思うので、そこを踏まえて読んでいただければ楽しめる作品だと思います。
とはいえ、ハッピーエンドかと言われると、そこは山田風太郎ですから、そこはちょっと…ね。
まあ、この作品はよいほうかなぁ…。

忍法帖シリーズ的にはパンチが低めなそつがない作品のような気はします。

歴史には浪漫がある。

ノンフィクション度
1
奇想天外度
3
サムライ度
3
忍者度
2.5
エロ度
1.5
管理人満足度
3
にほんブログ村 歴史ブログへ